太陽光発電を導入しよう!

太陽光発電をおすすめする5つの理由

太陽光発電を導入する家庭は年々増えている

発電機の種類の一つに、「太陽電池」があります。いわゆる太陽光発電を行うためのもので、昨今の日本における家庭での導入数増加から、太陽光発電を知らない方はもはやいないでしょう。現在の環境問題から普及したのがこの太陽光発電で、郊外のもととなる有害物質が一切出ないという理由からエコ発電の一つとして認識されています。昨今の環境問題は深刻化の一途をたどっており、早急な対処が必要となります。普段私たちが使っている電気ですが、日本は火力発電や原子力発電から多くの電気を賄っており、両者の発電方法は環境に多大な影響を与えてしまいます。火力発電に使う石油等は、あと100年もたたないうちに底をつくとされ、原子力発電の核分裂に使う素材も、貯蔵量が減少しています。また、原子力発電の場合、放射性廃棄物の廃棄場所や、2011年の地震での原発事故もあり、撤廃が見込まれています。太陽光発電は、火力発電や原子力発電による環境リスクをゼロにでき、太陽光という半永久的なエネルギーにより、持続的な発電が可能となります。また、発電した電気を家で使ったり、余った電気を売ったりもできるので、経済面のコントロールが行いやすいことからも人気が高まっています。

設置する太陽電池について

住宅ごとに設置する太陽電池のサイズには、様々なサイズのものがあります。数十センチ×数十センチのちいさいものから、数メートル×数メートルの大きなものまで存在しています。当たり前ですが、大きいものほど本体価格は高くなります。また、設置に関する工事も大変なので、設置費も高くなりがちです。ですが、小さいサイズのものだと発電量も少ないです。よって、家の電気消費量の多くを太陽光発電から賄いたいという場合や、電気を多く売りたいという場合には、大きなサイズの太陽電池を導入する必要があります。太陽光発電に使う太陽電池は、これらの用途別に大きさを選択するほか、家の屋根のサイズや造りからも慎重に選んでいく必要があります。このようにさまざまな家の事情ごとに太陽電池を選べるのも、太陽電池普及の要因となっています。

太陽光が電力を生み出す仕組みについては、太陽光発電の仕組みを参考にしてください。

ホーム サイトマップ